スパムって何? アフィリエイトQ&A

サイトマップ



Q、スパムって何?

A、Wikipediaによると「メッセージを繰り返して何かを溢れさせるような迷惑行為を、ハッカー達がスパムと呼ぶようになった」としています。

スパムメール

まずスパムメールについてなんですが、個人サイト運営者が送信することは滅多にないと思います。ただ、知らずにパソコンがウイルスに感染し、スパムメールを送信するために利用されたり、偽装元に仕立て上げられているケースがありますので、ウイルス対策ソフトを使うほうが良いと思います。

また、オンラインウイルスチェックができるサイトがあるので、ウイルス対策ソフトを入れていない場合には、時々調べてみましょう。残念ながらウイルスが見つかっても駆除はできませんので、万が一パソコン内にウイルスが見つかった場合はウイルス駆除ソフトの購入が必要になります。

>>ウイルス対策ソフトを扱うトレンドマイクロオンラインウイルススキャンのページ

一番気を付けないといけないのはサイトに送られてきたメールを自分のパソコンに転送して開封、閲覧する場合です。毎日、何百通ものウイルスメール、スパムメールが送られてくることになります。対策としては自分のパソコンに届くまでに何回か検問所を設けて、ウイルスメール・スパムメールのチェックを行い、該当すれば破棄するよう設定して防御しましょう。

ブログのコメント欄、トラックバックへのスパム

ブログを運営していると、コメント欄やトラックバックを利用したスパム行為を受けることがあります。まず海外からの荒らし行為を避けるために、英数字だけの投稿を弾くように設定する方法があります。←この方法は、どのブログサービスにも備わっているので利用すると良いでしょう。

またコメント欄への荒らし行為を避けるために認証機能を設けたり、管理者がコメント内容を確認するまで表示しないよう「承認制」にする方法があります。コメント欄を活性化するためにはコメントが即時反映したほうが良いので承認制にするのは一長一短だと思いますが、あまりにもスパムが酷い場合にはやむを得ないと思います。

検索エンジンスパム

最後は検索エンジンスパムについてです。サイト作成の際、気を付けないといけません。

以前は検索エンジンスパムをすれば上位表示できるような風潮がありましたが、現在では既知のスパム行為は効果が無いばかりか、むしろ「スパム行為を行うサイト」と認定されて検索エンジンのリストから除外されることになります。スパム行為はデメリットしかないので、ぜ〜〜〜ったいにやめましょう。

アフィリエイトで成功するためには(1)サイトのテーマを絞り、(2)さらにページごとにテーマを絞ればいいのです。この方法なら検索エンジンに迷惑はかからない上に特定の分野について詳しいサイトだとわかってもらえます。何より訪問者の人に、より詳しく良質な情報を提供することができます。長い目で見れば、そういう運営方針を持っているほうが息が長いはずです。

<やってはいけないサイト作成の例>
■ホームページのテーマと関係ない言葉を羅列する行為
■ホームページと関係があっても不自然に同じ言葉を羅列する行為
■文字を背景色と同じにしたり、極端に小さなフォントサイズを使って隠す行為
■同じようなコンテンツを何ページも作る行為
■特定のページへアクセスすると他のサイトに転送するよう設定する行為
■画像の代替文字(alt)に大量の文字を含ませる行為

Google
WWW を検索 affiliate-for-beginner.com を検索