アクセス数とは?アフィリエイト用語。

サイトマップ



アクセス数とは?アフィリエイト用語。

アクセス数とはサイト訪問者の数を言います。

アクセス数が多ければ多いほど、アフィリエイトの収入は増加します。ですので、アクセス数は、一人でも多く獲得する方が有利になります。

ただし、アフィリエイターのみならず、企業・ネットショップもアクセス数を獲得しようとしているので、パイの奪い合いとなり、規模の小さいWebサイト・広告に資金を投入できないWebサイトは、多くのアクセス数を稼げないのが現状です。

アクセス数とページビュー数

アクセス数とは訪問してくれた人の数であり、一日に同じ人を複数回、カウントしません。これをユニークユーザー数とも言います。

これに対し、ページビュー数とは、一日に該当ページを何回、閲覧したか?をカウントするものです。ユニークユーザー数とは異なり、閲覧回数をカウントするので、同一人物が複数回の訪問をした場合にも、数字はカウントされます。

アクセス数は、どれぐらいあれば良いのか?

アクセス数は多ければ多いほど、アフィリエイトに有利ですが、まずは1000人以上を目指して頑張りましょう!

なぜなら、1000人以上もアクセスを得ているサイトは少ないからです。

ASP(アフィリエイト広告会社)に申し込む場合、自サイトのアクセス数を自己申告するのですが、1000人までは「0〜100人」「101人〜200人」というように、細かく分類されています。

が、1000人以上については「1000人〜」と表記され、それ以上の分類はありません。つまり、1000人以上のアクセスを獲得できれば、アクセスの多いサイトと(一応)認められているようです。

アクセス数を増やすためには?

アクセス数を増やすためには、サイトとしての魅力が必要です。訪問者が「役に立つ!」「これは凄い!」と思うコンテンツを作成する必要があります。良いサイトだと認識されれば、お気に入り(ブックマーク)に登録され、再度、訪問してもらえます。

また、現在は、Google MSNなど、大手検索エンジンからの訪問者が多いので、SEO対策を施すことも大切です。そのためには、「1サイト1テーマ」「1ページ1テーマ」でサイト作成しましょう。

大手検索エンジンに登録する以外にも、相互リンクも有益です。良いコンテンツを作っているサイトを見つけ、相互リンクを申し込みましょう。

【↑】このページの上へ
【次のページ】参加型コンテンツ
Google
WWW を検索 affiliate-for-beginner.com を検索